彼が離婚するのはいつ?占い師に不倫相手が本当に別れるか相談もアリ?

彼が離婚するのはいつ?本当に別れるのか不安 不倫や恋愛の悩み

好きな彼が結婚している。彼が離婚すると言っていてもなかなか別れてくれない…。

 

そんな複雑な恋愛をしている女性は、意外と多いかもしれません。

 

なかなか人には言えない悩みはどうすればいいのでしょう?

 

同じような境遇の方はどうなっているのか、まずは事例をご紹介します。

なかなか離婚しない例

・離婚すると言っているのになかなかしない彼。ある日「話がある」と言われ会ってみると、彼は離婚を考えて親に相談したそう。

しかし親は戸籍に傷が付くこと、別れた奥さんに責任をとらなければいけないことを諭され、私と別れることを選んだと言われました。

僕といると幸せな人生を送れない。僕より大切な人を探して欲しいと言われました。悲しかったけれど、本当に離婚を考えていたことを知り、少し嬉しい気持ちもありました。

 

・元々付き合う前から離婚したいと話していた彼。何回か食事に行き関係を持ってしまいました。離婚をするから一緒になりたいと何回も言う割には、離婚する気配がない。

彼とこの先一緒にいても幸せになれないと思っていますが、彼が別れたくないと激しく抵抗します。彼には小さい子どももいるので、関係を続けることが心苦しく、どうしたらよいかわかりません。

離婚してくっついた例

・男性は追いかけたがるという話を聞いたことがあったので、自分から連絡をすることをやめ、あまり相談など深い話をしないようにしたら「構ってくれなくなったね」と言われ、彼のほうからこまめに連絡がくるようになりました。

奥さんが束縛する人で行動を監視するような行動もあり、窮屈だったこともあって私のほうに惹かれたのだと思います。今は彼も離婚し、2人で幸せに暮らしています。

 

・彼から奥さんの嫌なところを聞きだし、反面教師としてそのような行動を避けてアピールしつづけました。すると彼はいつの間にか奥さんとの関係が冷め、離婚し私を選んでくれました。

不倫や恋愛、結婚に関する相談を得意とする占い師

上記に挙げたのはもちろん一例ですが、人それぞれ様々にパターンがあります。

 

積極的に別れてと言った方がいいのか。あるいは極力口は出さずにひたすら彼を信じて待てばいいのか。

 

そもそも、今の彼とくっつけるのか、くっつくことが本当に幸せになるのかなど、一人悩んでいてもなかなか解決するのは難しいでしょう。

 

そんな時は不倫・恋愛に強い占い師の先生に紹介するのも手です。

 

オススメの先生を紹介するので参考にされてみては?

 

・電話占いピュアリ 咲耶ローズマリー先生

的中の女神とも言われている先生。

 

幼少期に全てのものが白黒に見える経験をしてから、人の体から出るエネルギーを感じられるようになりました。18歳で占い師の道に進み、今では全国に先生の鑑定を依頼する人がいるほど人気となっています。

 

霊感霊視以外に、姓名判断や生年月日から血液型までその人をより詳しく調べてオリジナルの鑑定結果を出してくれることが評判。

 

口コミでは、

 

「長い間車内不倫をしていた私。最初は離婚なんて望んでいなかったのに、月日が経つと自分のものにしたくなって離婚してほしい気持ちが強くなりました。関係に不満を持つようになり先生に相談すると、彼は離婚する気が全くないこと、彼と別れることがあなたにとって幸せの道」と言われ目が覚めました。その後彼と別れて、転職し楽しく日々を過ごしています」とありました。

咲耶ローズマリー先生が所属するピュアリはこちら

 

・電話占い絆 富樫ユキ先生

祖母がヒーラーで、その影響もあり先生自身にも霊感やヒーリングの力があったといいます。小学生の頃から占いに興味を持ち、相手に寄り添って鑑定してくれると評判です。

 

鑑定歴38年で、33年間宣伝など一切せず、口コミだけで人気を上げてきた先生。

 

口コミでは

「主人との関係、不倫相手との関係を細かく言われ、精神的にボロボロなことも当ててきました。」

「優しい口調で落ち着ける雰囲気で、自然と安心感がある先生」

などと相談したことでプラス方向に気持ちが向く人が多くいます。

富樫ユキ先生が所属する「絆」はこちら

 

・電話占いティユール 美月(みつき)先生

不倫を初めとする複雑な恋愛関係に悩む人におすすめ。困難な恋愛を成就させた実績のある先生なので、とても人気が高いです。

 

口コミでは「既婚者の彼とのことを相談しています。私以上に彼のことをわかっており、わかりやすく今後の行動やアドバイスをしてくれます。」とありますよ。

美月(みつき)先生が所属するティユールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました